最高の性能を提供する、進歩したテクノロジー

イノベーションへの推進力がFIORENZATO社に、バール業界のグラインドにおけるすべての要求に応えるための、最先端のモデルとソリューションの実現を可能にしました。

その明確な実例は、独占的企業特許権を取得した、革新的なインバータシステムです。工業用グラインダーのテクノロジーをバール用グラインダーに転用し、そのシステムは、コーヒーグラインダーの寸法を広げずコンパクトであり、スタンダードに挽き目の精密さと一定さを保証し、モーターの消耗を減らし静かに作動して、長時間の使用でも絶大な信頼を実証します。弊社のグラインダーの実用性とメンテナンスのしやすさは、幅広く知られています。クリーニングをしやすくするために、取り外し可能にした供給チューブは、数ある例の一つです。コーヒー豆の供給を、照明の不十分な環境でも簡単に行えるように、グラインダーが下方部分をライトで照らし、ポルタフィルターを正しい位置にセットするのを可能にしました。

時代を先駆し、いち早く市場からのソリューションの要望にお応えすることは、弊社にとっての召命であり、電動グラインダー XG と XGRの製作によってもまた現実化されました。それは他のグラインダーとは異なる、世界初の秒単位ではなくグラム単位のグラインド調整を可能とする特許取得したテクノロジーであり、さらには、RFIDシステムの融合により、ポルタフィルターカップの自動認識が可能となりました。

では現代に参りましょう。最新の電動グラインダー”smart” XGiにおいて、今、テクノロジーは精密さのためにあります。コーヒー豆量は確固として一定で、時間が経っても変わることはありません!グラインダーXGiモデルの改新された特許証により、グラム単位で計量したコーヒー豆供給量は、一度のみの設定で変わることなく常に正確な量を保ち、無駄をなくします。

プロフェッショナル達が着想したオートメーションシステムであり、まさにこれは業界における決定的な変革なのです。

この改新したモデルによって、FIORENZATO社は時代を先駆けし、お客様一人一人の現在のご要望にお応えします。

電気コーヒーミル・ドーザーの進化

80年代

T85

既に80年代初頭、フィオレンツァートは初の1カップ用の電気コーヒーミル・ドーザーを発表しました。電化製品があまり発達していなかったのですが、1台のモーターは1カップ専用、もう1台のモーターは2つ目のカップ専用に、2台のエンジンをも搭載していたこのコーヒーミルは、マニュアルタイマー付きの完全に電気式です。

このモデルでエレクトロニクスがデビューします

2009

F64 E

2009年10月の生産 CAPSENSEシステムを導入した始めてのコーヒーミル、大ヒット。完全デジタル、カスタマイズ可能なディスプレー、カレンダー機能搭載、ミルの消耗自動測定機能、日毎/週毎/一生の消費の統計の表示。

時間を先走り、市場のニーズに応えるべく最初にソリューションを提供する。これが私たちの使命です。

2014

F64 E v2

2014年12月、PIO&TITOTOSOとのコラボレーションから、新たなF64 Eが発表されます。カラーLCD タッチスクリーン付きの革新的なデザインを持っているこのモデルは、数々のカスタマイズが可能です。また、温度・湿度計を入れ、グラインドの選択を楽にします。

素晴らしい結果や耐久性を持つ革新的な選択です。

2015

F64 E XGR

2015年11月の生産:自動的にフィルターホルダーカップを認識するRFIDシステム付きのグラム単位で考えてくれる世界で唯一の電気コーヒーミル・ドーザー誕生。このモデルでフィオレンツァートはいち早くお客様の現在のニーズに対し適切な答えを出しました。

プロが考え出したオートメーション・システム:
これがこの業界の決定的な岐路です。

2017

F64 E XGi

2017年11月の生産:グラインダーXGiモデルの改新された特許証により、グラム単位で計量したコーヒー豆供給量は、一度のみの設定で変わることなく常に正確な量を保ち、無駄をなくします。

“smart” XGiモデルにおいて、そのテクノロジーは精密さのためにある