70年以上も続いているコーヒーへの情熱

1936年、当時26歳であったピエトロ・フィオレンツァートがメストレで自らの会社を設立した時、当時はまだ数少なかったコーヒーミル・ドーザー製造業者とのコラボレーションのおかげで、既に経験を積んでいました。
彼のノウハウに自らの情熱と品質とイノベーションの完璧なバランスを提供するといった設立の時から目的を更に注ぎました。
彼のビジネスは成長しましたが、第二次世界大戦で工場が爆撃で倒壊したため、一時期事業を停止しなくてはなりませんした。もちろん苦しかったですが、ピエトロ・フィオレンツァートは全てのエネルギーをビジネスの再建に注ぎ込みました。
その後数十年にわたり、既に高い品質で有名であったフィオレンツァート・トレードマークは、高品質を目的とした製造を続けました。
2005年、創立者の2人の孫、マヌエルとクリスチャンは、研究をとあテクノロジーの導入に重点を置くことで会社に大きな変化を与えることに決めました。